理工学部/化学・生命系学科

理工学部化学・生命系学科が求める学生像

理工学部化学・生命系学科が求める学生像を、学部・学科および教育プログラム(学士の学位を授与する教育課程プログラム)ごとに定める。

理工学部(求める学生像)

  • 自然科学の真理探究や独創的なものづくりを通して、自ら成長・発展しようとチャレンジ精神にあふれ、新しい時代に対応できる理工系のセンスと国際的視野を磨いて世の中への貢献を志す入学者を求めている。

化学・生命系学科(求める学生像)

  • 自然の真理追究・ものづくり・エネルギー・環境・安全・生命に関心を抱き、自然科学を真摯に学ぼうとする熱意とそれに相応しい素養を持ち、豊かな21世紀における人間社会の構築を目指したいと考えている人を求めている。
  • 向学心に燃え、また発想が豊かで柔軟性のある応用力を発揮できる人を求めている。

化学教育プログラム(求める学生像)

  • 化学の基礎知識を十分備え、さまざまな自然科学の知識を活用して、現象の真理を原子や分子レベルから探究することのできる研究者、および最先端化学を駆使することで、地球規模で人類が抱える諸問題解決や新しい機能性材料、エネルギー化学の創造に貢献できる技術者を目指す人。

化学応用教育プログラム(求める学生像)

  • 化学の基本知識を応用し、高度な化学反応プロセスや先端材料、新エネルギー材料の開発、実践的な安全管理や環境創出といった未来社会への課題解決に貢献できる研究者・技術者を目指す人。

バイオ教育プログラム(求める学生像)

  • 生物学、化学、物理学を基礎とする現代生物学の方法を通して生命を理解し、その成果を食糧問題や生命・医療などのグローバルな課題の解決に応用できるバイオ関連の技術者・研究者を目指す人。
  • 向学心に燃え、また発想が豊かで柔軟性のある応用力を発揮できる人。

理工学部化学・生命系学科が入学者に求める知識や能力・水準

学力検査の実施方針

理工学部化学・生命系学科が入学者に求める知識や能力・水準は、学部・学科および教育プログラム(学士の学位を授与する教育課程プログラム)ごとに定めるものとし、大学入試センター試験および個別学力検査などを活用して多面的・総合的な入学者選抜により判定する。

理工学部(知識や能力・水準)

  • 英語、数学、国語、社会、理科の基礎学力を前提に、理工学の専門分野の特性を考慮し、数学と理科および英語の能力および思考力を特に重視する。

化学教育プログラム(知識や能力・水準)

  • 一般入試前期日程・後期日程では、数学、理科、英語(前期日程のみ)の個別試験を課す。また、推薦入試では口頭試問を行う。
  • 化学教育プログラムの編入学試験では、数学、物理、化学の基礎科目と無機化学、有機化学、物理化学、分析化学の専門科目の個別試験および口頭試問を課す。

化学応用教育プログラム(知識や能力・水準)

  • 一般入試前期日程・後期日程では、数学、理科、英語(前期日程のみ)の個別試験を課す。また、推薦入試では口頭試問を行う。
  • 化学応用教育プログラムの編入学試験では、数学、物理、化学の基礎科目と無機化学、有機化学、物理化学、分析化学の専門科目の個別試験および口頭試問を課す。

バイオ教育プログラム(知識や能力・水準)

  • 一般入試前期日程・後期日程では、数学、理科、英語(前期日程のみ)の個別試験を課す。また、推薦入試では口頭試問を行う。

理工学部化学・生命系学科の入学者選抜の実施方法

理工学部化学・生命系学科の入学者選抜は、教育プログラム(学士の学位を授与する教育課程プログラム)ごとに定めて実施する。

入学者選抜の実施方針

化学教育プログラム/化学応用教育プログラム

  • 高等学校では、化学はもちろんのこと、数学や物理などの基本科目をしっかり学んでもらうことが必要である。一般入試では、化学を始め、数学や物理に秀でた人を求め、数学、物理、化学に加え英語を課す。

バイオ教育プログラム

  • 高等学校では、バイオサイエンスの学修に必要な生物を中心に、数学、物理、化学などの基本科目をしっかり学んでもらうことが必要である。一般入試では、理科、数学、及び英語の基本学力を確認します。なお、理科は物理、化学、生物から2科目を選択する。

一般入試(前期日程)

  • 大学入試センター試験においては、国語、地理歴史・公民、数学、理科、外国語の5教科の試験を課す。個別学力検査においては、数学、理科(化学教育プログラム、化学応用教育プログラムにおいては物理、化学、バイオ教育プログラムにおいては物理、化学、生物のうちいずれか2つ)、英語の3教科4科目の試験を課す。
  • センター試験:国語200、地歴公民100、数学200、理科200、外国語200、合計900点
  • 前期二次:数学450、理科450、英語300、合計1200点

一般入試(後期日程)

  • 大学入試センター試験においては、国語、地理歴史・公民、数学、理科、外国語の5教科の試験を課す。さらにセンター試験においては、相対的に外国語を重視して考査する。
  • 個別学力検査においては、数学、理科(物理、化学)の2教科3科目の試験を課して学力を確認する。
  • センター試験:国語100、地歴公民50、数学100、理科100、外国語300、合計650点
  • 後期二次:数学450、理科450、合計900点

YGEP-N1(私費外国人留学生)入試

  • 試験は化学・生命系学科として行い、日本留学試験、英語(TOEIC、TOEFL、IELTS)および渡日後の数学の筆記試験と面接を課す。

高等専門学校編入学試験

  • 化学教育プログラム、化学応用教育プログラムにおいて実施する。バイオ教育プログラムは実施しない。

化学教育プログラム

入学者選抜の実施方針

  • 大学入学後の学習の土台となる基礎学力を育成するためには、高等学校では基本的科目を幅広く学んでもらうことが必要である。特に化学・生命系の広範な分野の基礎となる数学、物理、化学に関する学力をしっかり身につけておくことが重要である。また、国際社会で活躍する研究者、技術者を目指すためには、英語が重要であることはいうまでもない。
  • 一般入試(前期)では、理工学を学ぶうえで重要な基礎となる数学、物理、化学、生物、英語を課す。一般入試(後期)では、特に数学と物理、化学に秀でた人を求めるが、国際性を考慮し、センター試験においては外国語を重視して考慮する。

一般入試(前期日程)

  • 大学入試センター試験においては、国語、地理歴史・公民、数学、理科、外国語の5教科の試験を課す。個別学力検査においては、数学、理科(物理、化学)、英語の3教科4科目の試験を課す。
  • センター試験:国語200、地歴公民100、数学200、理科200、外国語200、合計900点
  • 前期二次:数学450、理科450、英語300、合計1200点

一般入試(後期日程)

  • 大学入試センター試験においては、国語、地理歴史・公民、数学、理科、外国語の5教科の試験を課す。さらにセンター試験においては、相対的に外国語を重視して考査する。
  • 個別学力検査においては、数学、理科(物理、化学)の2教科3科目の試験を課して学力を確認する。
  • センター試験:国語100、地歴公民50、数学100、理科100、外国語300、合計650点
  • 後期二次:数学450、理科450、合計900点

YGEP-N1(私費外国人留学生)渡日入試

  • 試験は化学・生命系学科として行い、日本留学試験、英語(TOEIC、TOEFL、IELTS)および渡日後の数学の筆記試験と面接を課す。

高等専門学校編入学試験

  • 高等専門学校編入学試験においては、基礎科目(数学、物理、化学)、専門科目(無機化学、有機化学、物理化学、分析化学)および面接を課す。

化学応用教育プログラム

入学者選抜の実施方針

  • 大学入学後の学習の土台となる基礎学力を育成するためには、高等学校では基本的科目を幅広く学んでもらうことが必要である。特に化学・生命系の広範な分野の基礎となる数学、物理、化学に関する学力をしっかり身につけておくことが重要である。また、国際社会で活躍する研究者、技術者を目指すためには、英語が重要であることはいうまでもない。
  • 一般入試(前期)では、理工学を学ぶうえで重要な基礎となる数学、物理、化学、生物、英語を課す。一般入試(後期)では、特に数学と物理、化学に秀でた人を求めるが、国際性を考慮し、センター試験においては外国語を重視して考慮する。

一般入試(前期日程)

  • 大学入試センター試験においては、国語、地理歴史・公民、数学、理科、外国語の5教科の試験を課す。個別学力検査においては、数学、理科(物理、化学)、英語の3教科4科目の試験を課す。
  • センター試験:国語200、地歴公民100、数学200、理科200、外国語200、合計900点
  • 前期二次:数学450、理科450、英語300、合計1200点

一般入試(後期日程)

  • 大学入試センター試験においては、国語、地理歴史・公民、数学、理科、外国語の5教科の試験を課す。さらにセンター試験においては、相対的に外国語を重視して考査する。
  • 個別学力検査においては、数学、理科(物理、化学)の2教科3科目の試験を課して学力を確認する。
  • センター試験:国語100、地歴公民50、数学100、理科100、外国語300、合計650点
  • 後期二次:数学450、理科450、合計900点

YGEP-N1(私費外国人留学生)渡日入試

  • 試験は化学・生命系学科として行い、日本留学試験、英語(TOEIC、TOEFL、IELTS)および渡日後の数学の筆記試験と面接を課す。

高等専門学校編入学試験

  • 高等専門学校編入学試験においては、基礎科目(数学、物理、化学)、専門科目(無機化学、有機化学、物理化学、分析化学)および面接を課す。

バイオ教育プログラム

入学者選抜の実施方針

  • 大学入学後の学習の土台となる基礎学力を育成するためには、高等学校では基本的科目を幅広く学んでもらうことが必要である。特に化学・生命系の広範な分野の基礎となる数学、物理、化学、生物に関する学力をしっかり身につけておくことが重要である。また、国際社会で活躍する研究者、技術者を目指すためには、英語が重要であることはいうまでもない。
  • 一般入試(前期)では、理工学を学ぶうえで重要な基礎となる数学、物理、化学、生物、英語を課す。一般入試(後期)では、特に数学と物理、化学に秀でた人を求めるが、国際性を考慮し、センター試験においては外国語を重視して考慮する。

一般入試(前期日程)

  • 大学入試センター試験においては、国語、地理歴史・公民、数学、理科、外国語の5教科の試験を課す。個別学力検査においては、数学、理科(物理、化学、生物のうちいずれか2つ)、英語の3教科4科目の試験を課す。
  • センター試験:国語200、地歴公民100、数学200、理科200、外国語200、合計900点
  • 前期二次:数学450、理科450、外国語300、合計1200点

一般入試(後期日程)

  • 大学入試センター試験においては、国語、地理歴史・公民、数学、理科、外国語の5教科の試験を課す。さらにセンター試験においては、相対的に外国語を重視して考査する。
  • 個別学力検査においては、数学、理科(物理、化学)の2教科3科目の試験を課して学力を確認する。
  • センター試験:国語100、地歴公民50、数学100、理科100、外国語300、合計650点
  • 後期二次:数学450、理科450、合計900点

YGEP-N1(私費外国人留学生)入試

  • 試験は化学・生命系学科として行い、日本留学試験、英語(TOEIC、TOEFL、IELTS)および渡日後の数学の筆記試験と面接を課す。

(担当:学務部 教育企画課)


ページの先頭へ

トップページへ

ページの先頭へ