都市科学部/建築学科

都市科学部建築学科の教育システムとカリキュラム基本構造

教育課程の編成方針

都市科学部建築学科の教育課程は、学部教育科目および全学教育科目により適切な授業科目の区分を定めて体系的に編成するものとする。
各授業科目は、必修科目、選択必修科目、選択科目および自由科目に分け、これを各年次に配当して編成するものとする。
学部教育科目は、学部共通(基幹知)科目、専門基礎科目、専門科目、及び卒業研究から編成する。
学部共通(基幹知)科目は、都市科学の基礎(必修)、グローバル・ローカル関連科目(選択必修)、リスク共生関連科目(選択必修)、イノベーション関連科目(選択必修)から編成する。

建築学科(教育課程の編成方法)

  • 専門科目は、建築理論(Architectural Theory: AT)、都市環境(Urban Environment: UE)、構造工学(Structural Engineering: SE)、建築デザイン(Architectural Design: AD)という緩やかに連携する四つの分野から編成

1・2年次

  • 学部共通科目は、「都市科学A」「都市科学B」「都市科学C」(必修)、および「地域連携と都市再生A,B」「GISによる地域解析概論」「居住空間の計画Ⅰ,Ⅱ」(選択必修)などを履修
  • 基礎演習科目「建築学概論・演習」(必修)、および専門科目「デザインスタジオⅠ,Ⅱ」(必修)、「絵画・彫塑・基礎デザインⅠ,Ⅱ」「身体と空間のデザイン」「建築構造解析Ⅰ・演習,Ⅱ・演習」「建築構法Ⅰ,Ⅱ」「建築環境計画Ⅰ,Ⅱ」「建築構造計画と構造デザインⅠ,Ⅱ」「建築史演習」「西洋建築史Ⅰ,Ⅱ」「建築熱・空気環境Ⅰ,Ⅱ」(選択必修)などを履修

3・4年次

  • 専門科目は、「デザインスタジオⅢA,B」(必修)、「近代建築史A,B」「建築音・光環境A,B」「建築コンピューターデザインA,B」「建築生産Ⅰ,Ⅱ」「建築法規Ⅰ,Ⅱ」「公共施設の計画Ⅰ,Ⅱ」「設備計画Ⅰ~Ⅳ」(選択必修)などを履修
  • 分野別の総合的な演習を行う科目として、「建築デザインスタジオⅠ,Ⅱ」(AD系)、「建築理論演習」(AT系)、「地域環境計画演習」(UE系)、「建築構造・構法設計演習」(SE系)(選択必修)などを履修
  • 卒業研究は、卒業論文または卒業設計のいずれかを選択

1~4年次

  • 全学教育科目の英語演習、初修外国語演習、高度全学教育指定科目(学科指定の基礎科目、グローバル教育科目、イノベーション教育科目)の3・4年次履修
  • 在学期間中に国内外インターンシップや短期留学を強く奨励

都市科学部建築学科の教育課程プログラム運営と成績評価基準

教育課程の実施方針

都市科学部建築学科の教育課程は、国際通用性のある質保証された学士課程教育を実現するとともに、教育課程の編成方針に従い、次の取組を実施するものとする。

  • 建築学は人と社会のインターフェイス技術として、身体的スケールから地球的スケールまであらゆる分野に跨る総合的な学問分野であることを理解する。
  • 社会のニーズを踏まえた上で課題解決と価値の創造の両立を目指す、広範かつ統合的な知の素養を身に付ける。

成績評価基準

都市科学部建築学科の成績評価は、「授業設計と成績評価ガイドライン」による全学統一の成績評価基準に基づき、WEBシラバス(Syllabus)に記載した成績評価の方法により総合判定し、成績グレード(評語)を「秀・優・良・可・不可」の5段階で表し、それぞれの授業科目の成績評価に対してGP(Grade Point)を与えるものとする。ただし、5段階の成績グレード(評語)で表し難い授業科目は「合格・不合格」で表し、GP(Grade Point)を与えないものとする。
成績評価の基準には、学修成果に係る評価指標として「授業別ルーブリック」を作成し、学生が学修する内容と学生が到達するレベルをマトリックス形式で明示するものとする。

  1. 履修目標は、授業で扱う内容(授業のねらい)を示す目標とし、より高度な内容は主体的な学修で身に付けることが必要であり、履修目標を超えると成績評価「秀」となる目標
  2. 到達目標は、授業を履修する学生が最低限身に付ける内容を示す目標とし、到達目標を達成すると成績評価「可」となる目標であり、さらなる学修を必要とするレベルを示す

都市科学部建築学科における入学から卒業までの学修指導の方針

学修指導の方針

都市科学部建築学科の学修指導は、学生の多様なニーズや学修支援の効果等を踏まえて適切に実施するとともに、次の取組を実施するものとする。

1年次

  • 「建築への導入」期(1年春学期~1年秋学期)とし、都市や地球環境をめぐる様々なリスクについて広範かつ本質的な知見を育みながら、建築に必要な観察力や態度を養う。
  • 年度末または年度当初に面談を行い、各学期の成績に基づき履修指導を実施する。

2年~3年次

  • 「建築への素養」期(2年春学期~3年春学期)から「建築の探求」期(3年秋学期~4年秋学期)にかけて、基礎的な能力・知見の習得からその応用・探求へと展開する。
  • 「建築の探求」期に、新しい研究や実践のアイデアを発見していくために、高年次の教養教育を重視。これにより、文化的・機能的・創造的であり、災害や社会の変化に対しても応答できるこれからの建築や都市を創る上で欠かせない能力を獲得する。
  • 必修科目であるデザインスタジオⅠ~Ⅲを通して、基礎的な設計製図能力を身に付けるだけでなく、各分野で学んだ知識を広く統合しながら課題発見能力、課題解決能力を包含した統合的なデザイン力を獲得していく。
  • 国内外インターンシップや短期留学、地域での演習課題、自治体とのフューチャーセッション、人文社会科学系科目の履修などを通して、様々な気づきを個々に獲得できるような機会を持たせる。
  • 年度末または年度当初に面談を行い,各学期の成績に基づき履修指導を実施する。

4年次

  • 「建築の探求」期に、新しい研究や実践のアイデアを発見していくために、高年次の教養教育を重視する。これにより文化的・機能的・創造的であり、災害や社会の変化に対しても応答できるこれからの建築や都市を創る上で欠かせない能力を獲得する。
  • 学習の集大成として卒業論文または卒業設計のいずれかを選択して卒業研究に取り組む。
  • 卒業研究において、専門分野に関するテーマを選定して個別の研究または設計を行い、論文または設計作品の形で成果をまとめて発表する。

授業科目履修と履修登録上限(CAP制)

履修登録単位数の上限(半期)は,一部の指定科目を除き1年次24単位,2年次以上20単位とし,上限緩和措置適用者(履修登録しようとする学期の前学期のGPAが3.0以上の者)に対しては26単位とする。

(担当:学務部 教育企画課)


ページの先頭へ

トップページへ

ページの先頭へ