1. YNU
  2. 教育・研究
  3. YNUの研究
  4. 教員・学生の受賞
  5. 大学院工学府生が神奈川県ものづくり技術交流会で「ポスター賞」を受賞

大学院工学府生が神奈川県ものづくり技術交流会で「ポスター賞」を受賞

教員・学生の受賞一覧

受賞情報

賞状

 2016年 10月 26日(水)~ 28日(金)に海老名市で開催された「神奈川県ものづくり技術交流会」において大学院工学府機能発現工学専攻博士前期課程 2年生 鈴木貴也さん(指導教員:高橋宏治 教授)が「ポスター賞」を受賞しました。発表演題は「ピーニングによる高強度アルミニウム合金の疲労強度向上とき裂状表面欠陥の無害化」です。

 一般的にき裂などの欠陥が材料表面に存在すると疲労強度が著しく低下してしまいます。そのような問題に対し、ショットピーニングおよびキャビテーションピーニングと呼ばれる機械的表面処理を施すことで、アルミニウム合金の疲労強度の大幅向上を達成するとともに、表面欠陥を疲労強度上無害にできることを解明しました。本手法を、航空機等の輸送機器に適用することにより、信頼性および軽量化に伴う燃費の向上が期待されます。

 鈴木さんのポスター発表の分かりやすさと優れた研究内容が評価され、52件の発表の中から選ばれた 4件のうちの一つとなりました。


ページの先頭へ

トップページへ

ページの先頭へ