1. YNU
  2. 教育・研究
  3. YNUの研究
  4. 教員・学生の受賞
  5. 工学研究院 玉手亮多 日本学術振興会特別研究員が第27回日本MRS年次大会で「奨励賞」を受賞

工学研究院 玉手亮多 日本学術振興会特別研究員が第27回日本MRS年次大会で「奨励賞」を受賞

教員・学生の受賞一覧

受賞情報

賞状

 大学院工学研究院 機能の創生部門 日本学術振興会特別研究員の玉手亮多さん(指導教員:渡邉正義 教授)が 2017年 12月 5日〜 7日に横浜市開港記念会館にて開催された、第27回日本MRS年次大会において、奨励賞を受賞しました。

 発表演題は、「ブロック共重合体ミセルのジャミングとミセル間水素結合を利用した自己修復性イオンゲル(Self-healing ion gels based on hydrogen bonding of jammed block copolymer micelles)」で、水素結合に基づき自律的に傷を修復するイオンゲルについて発表し、日本発のマテリアルズイノベーションに繋がるような高度な内容とプレゼンテーションが高く評価され受賞に繋がりました。

 なお、上記研究は、日本学術振興会 特別研究員奨励費「ブロック共重合体の自己集合を基盤とする動的光応答性イオンゲルの創製」(課題番号:17J00756 代表者研究者:玉手亮多)の助成を受けたものです。


ページの先頭へ

トップページへ

ページの先頭へ