1. YNU
  2. 教育・研究
  3. YNUの研究
  4. 教員・学生の受賞
  5. 大学院工学府生が日本物理学会で「学生プレゼンテーション賞」を受賞

大学院工学府生が日本物理学会で「学生プレゼンテーション賞」を受賞

教員・学生の受賞一覧

受賞情報

賞状

 2018年3月22日~25日に東京理科大学において開催された第73回日本物理学会年次大会において、大学院工学府博士課程前期 1年 長田昂大さん(指導教員:工学研究院 小坂英男 教授)が第6回(2017秋季大会)日本物理学会学生プレゼンテーション賞を受賞しました。

 受賞論文の題目は「マイクロ波偏光によるユニバーサルな幾何位相量子ゲート」です。

 本研究は磁場を完全に排除したダイヤモンド中の窒素-空孔中心(NV中心)において、縮退した準位を量子ビットに用いた研究です。この量子ビットは通常のエネルギー差を利用した動的な操作を行うことができませんが、幾何位相を用いて操作することが可能です。本講演会では、マイクロ波の偏光という自由度を用いることでNV中心の電子スピンおよび窒素核スピンに対し、ユニバーサルな幾何位相量子ゲート操作について報告し、その成果に対して高く評価されました。


ページの先頭へ

トップページへ

ページの先頭へ