1. YNU
  2. 教育・研究
  3. YNUの研究
  4. 教員・学生の受賞
  5. 大学院工学府生が4th International Workshop on Hydrogen and Fuel Cells 2018で「Student Poster Prize」を受賞

大学院工学府生が4th International Workshop on Hydrogen and Fuel Cells 2018で「Student Poster Prize」を受賞

教員・学生の受賞一覧

受賞情報

賞状

 2018年 8月 21日~ 25日に Graz University of Technologyにて開催された 4th International Workshop on Hydrogen and Fuel Cells 2018 において、大学院工学府 博士課程前期 2年 長野薫さん(指導教員:松澤幸一 准教授)が、Student Poster Prizeに輝きました。

 受賞対象となった発表題目は「Fabrication of oxygen reduction catalyst for PEFC based on zirconium oxide by Arc plasma deposition method」です。

 このポスターでは、固体高分子形燃料電池(Polymer Electrolyte Fuel Cells)のカソード触媒として、貴金属を使用しない酸化ジルコニウム触媒を、アークプラズマ蒸着法を用いて作製し、触媒層厚さと活性の関係の評価を行いました。受賞は発表内容とプレゼンテーション能力が高く評価された結果です。

 なお、この研究は本学のグリーン水素研究センター(太田健一郎 名誉教授(代表)、石原顕光 特任教員(教授))と共同で行い、得られた成果の一部です。


ページの先頭へ

トップページへ

ページの先頭へ