1. YNU
  2. 教育・研究
  3. YNUの研究
  4. 教員・学生の受賞
  5. 工学研究院 藪内直明教授が元素の一種であるニオブについて IUPAC から若手貢献賞を受賞

工学研究院 藪内直明教授が元素の一種であるニオブについて IUPAC から若手貢献賞を受賞

教員・学生の受賞一覧

受賞情報

 国際純正・応用化学連合 (The International Union of Pure and Applied Chemistry, IUPAC) は、

を発表し、大学院工学研究院の藪内直明教授が元素の一種であるニオブについて若手貢献賞を受賞することが決定しました。

 同賞は、自然科学の発展に大きく影響した元素周期律の発見150周年を記念して、若手化学者への貢献賞として設立されたものです。藪内教授はニオブに関する新しい高性能電池材料の研究などが評価され受賞が決定しました。現在のところ、同賞は日本人としては藪内教授が初めての受賞者となります。2019年7月にパリで開催される記念式典で同賞の授与式が行われる予定です。





ページの先頭へ

トップページへ

ページの先頭へ