1. YNU
  2. 教育・研究
  3. YNUの研究
  4. 教員・学生の受賞
  5. 環境情報学府生が「第47回日本水環境学会年会」において「優秀発表賞」を受賞

環境情報学府生が「第47回日本水環境学会年会」において「優秀発表賞」を受賞

教員・学生の受賞一覧

受賞情報

表彰状

 2013年3月11-13日に大阪工業大学大宮キャンパス(大阪市旭区大宮)で開催された「第47回日本水環境学会年会」において、環境情報学府環境リスクマネジメント専攻 博士課程前期2年の齋藤美穂さん(指導教員:環境情報研究院・亀屋隆志准教授、近藤貴志博士研究員)が「優秀発表賞」を受賞しました。
 受賞研究課題は「LC/MS/MSによるPRTR対象物質同時分析法の適用範囲」であり、水環境中での有害化学物質の多成分同時分析を可能とする本研究成果は、化学物質の環境リスクの評価と管理の進展に直結する重要な知見と言えます。事前の書類審査および発表当日のプレゼンテーション審査の二段階審査が行われ、将来性ある極めて優秀な研究発表として認められ、全国の修士課程院生が多数集う競争倍率約11倍の難関を見事突破して受賞に至りました。さらに、昨年度に引き続いての連続受賞を達成したものであり、そのレベルの高さは絶賛を博し、同分野における本学のプレゼンスを大きく高めた受賞であると評価できます。


ページの先頭へ

トップページへ

ページの先頭へ