1. YNU
  2. 大学案内
  3. 広報活動情報
  4. プレスリリース一覧
  5. 【プレスリリース】「海洋都市横浜」を海風利用で涼しくさせるまちづくりへ

【プレスリリース】「海洋都市横浜」を海風利用で涼しくさせるまちづくりへ

【プレスリリース】「海洋都市横浜」を海風利用で涼しくさせるまちづくりへ
―みなとみらい21地区をフィールドとした数値シミュレーションと観測から解析―

国立研究開発法人海洋研究開発機構(理事長 平 朝彦、以下「JAMSTEC」)及び国立大学法人横浜国立大学(学長 長谷部 勇一、以下「YNU」)は、平成22年より海洋科学技術に係る研究活動及び人材育成等を推進することを目的とした包括連携協定を結び(平成22年1月25日既報)、その一環として、横浜市を対象とした都市のエリアマネジメントに資する情報創生、特に都市の暑熱環境把握の視点から共同研究を推進しています(※1)。
今回、横浜市の「みなとみらい21」地区内(以下「MM21」)の都市公園「グランモール公園(美術の広場前)」の改修工事に伴う気温変化について、JAMSTECで開発を進めているシミュレーションモデルMSSG(※2)を用いて解析した結果、改修による樹木本数の増加や保水性舗装の設置によって気温を下げる効果を発揮させるためには、公園の上空を吹いている横浜港からの比較的涼しい海風が降りて来る必要があることが分かりました。また、改修後の公園内の平均気温が改修前より約0.6~0.7℃下がったことも分かりました。

詳しくは、下記の詳細資料をご覧ください。

問い合わせ担当先

横浜国立大学 都市環境管理計画研究室 佐土原 聡 045-339-4247
メールアドレス:sadohara-satoru-msynu.ac.jp

(担当:総務部広報・渉外課)


ページの先頭へ

トップページへ

ページの先頭へ