1. YNU
  2. 教育・研究
  3. YNUの研究
  4. 教員・学生の受賞
  5. 都市イノベーション研究院 藤掛洋子教授(先端科学高等研究院中南米開発政策ユニット長)がパラグアイ共和国国会下院において表彰・金メダルを授与

都市イノベーション研究院 藤掛洋子教授(先端科学高等研究院中南米開発政策ユニット長)がパラグアイ共和国国会下院において表彰・金メダルを授与

教員・学生の受賞一覧

受賞情報

国会での表彰と勲章として金メダルが渡される藤掛教授

大学院都市イノベーション研究院の藤掛洋子教授(博士:学術)(先端科学高等研究院中南米開発政策ユニット長)が平成27年10月28日にパラグアイ共和国国会下院より、駐パラグアイ日本大使館上田善久特命全権大使ならびに国会下院副議長臨席のもと、パラグアイにおける22年間の研究と実践活動に対する表彰を受けました。また、国会下院パラグアイ・日本友好委員会より金メダルを授与され、同国会にて、スペイン語による40分間の講演を行いました。

藤掛教授は、本学先端科学高等研究院中南米開発政策ユニット長として、教育人間科学部人間文化課程兼担教授として、パラグアイをはじめとする中南米における研究・実践活動に貢献するとともに、特定非営利活動法人ミタイ・ミタクニャイ基金代表理事として長年パラグアイにおける女性や子どもの支援や社会開発に尽力してきました。パラグアイには小学校等を4校建設し、子どもたちの教育支援を継続し、ゼミ生や学術交流協定大学関係者とも連携し、伝統工芸品であるニャンドティの生産者の生活の質の向上のためのフェアトレード実践も行っています。
藤掛教授が着用している衣装は、パラグアイの伝統的な手工芸品であるニャンドティのドレスで、組織化されていない作り手のシングルマザー女性や障害を持った男性がはじめて製作したドレスです。
授賞式では、パラグアイ側から当地の伝統ダンスであるボトルダンスなどが、横浜国立大学の学生たちよりソーラン節の披露が行われ、盛大に式典が執り行われました。また、パラグアイの日系移住地の一つであるピラポより日系会長ご夫妻も駆けつけて下さいました。
右下の写真は、上田大使を囲んでJICAパラグアイ事務所所長、ボトルダンスの女性たちと横国生と記念撮影。


ページの先頭へ

トップページへ

ページの先頭へ