1. YNU
  2. 教育・研究
  3. YNUの研究
  4. 教員・学生の受賞
  5. VBL 福多佳子さんが「照明デザイン賞優秀賞」及び「照明普及賞」を受賞

VBL 福多佳子さんが「照明デザイン賞優秀賞」及び「照明普及賞」を受賞

教員・学生の受賞一覧

受賞情報

海側は眺望を確保し、対側はガラスシェルターによって海風を流す形状となっている

夜景ならではの価値を高める照明デザイン

ベンチャー・ビジネス・ラボラトリー、ポスドク・アントレプレナーの福多佳子研究員が、北米照明学会「照明デザイン賞 優秀賞」ならびに、社団法人照明学会「照明普及賞」を受賞しました。

受賞の対象となった作品は、横浜駅東口とみなとみらい21中央地区とを連絡する新たな玄関口として昨年開通した歩行者専用デッキ「はまみらいウォーク」です。

本作品は、ガラスのシェルターによる流線型の形状を持った特徴的な橋梁で、照明デザインは橋梁の構造と一体化され、昼間は景観を損なわず、夜間は照明基準をクリアするだけでなく歩行者の歩きやすさを優先した照明環境にデザインされています。
また、幅員が広い橋梁では、明るさの均一性を高めることは難しいとされていますが、シェルター上部および高欄笠木に内蔵した長寿命・細管の蛍光灯による連続照明によって、柔らかながらも動線方向を強調した光によって、親しみやすい歩行空間に創造されています。
さらに省エネや維持管理にも高い配慮がされています。

単に美しいばかりでなく、これからの照明デザインの大いなる可能性を表現した意義ある作品です。ぜひ一度足をお運びください。


ページの先頭へ

トップページへ

ページの先頭へ