• お問い合わせ
  • アクセス
  • 検索
  • Language

学部・大学院等Faculty & Graduate

学部

横浜国立大学は、教育学部・経済学部・経営学部・理工学部・都市科学部の5学部と、実学的色彩の濃い学部構成となっています。これは本学が、貿易と商工業で栄えた横浜の歴史と伝統に根ざしているからにほかなりません。この自由で開放的な横浜を舞台に、中規模大学ならではの柔軟性と機動力を発揮しつつ、高度で実践的な学術を継承し、世界に通用する人材を育成していきます。

教育学部Education

教育学部は、教育に関わる諸課題を総合的、かつ多角的な見地から理解するとともに、実践的・先進的な資質・能力を身につけた教員の養成を目的としています。神奈川県内唯一の国立大学教員養成系学部として、文明開化の地・横浜に位置する国立大学ならではの地域や世界とつながる実践的で先進的なカリキュラムを揃え、県内各教育委員会等と連携した教員養成及び教員研修などを通じ、グローカルな視点から教育の未来を切り拓くことのできる人材を輩出することを目指します。

課程・専攻 学校教育課程 人間形成コース / 教科教育コース / 特別支援教育コース
臨時教員養成課程
専門の講師陣による多彩なカリキュラムで、大学短大等卒の教員免許既得者を対象に、知的障害・肢体不自由・病弱・聴覚障害の特別支援教育を担当する質の高い教員を1年で養成するコースと、現職教員を対象に特別支援教育コーディネーターを養成するコースがあります。

経済学部Economics

経済学部は、国際色豊かで、理論と実務のバランスの取れた教育を進めています。2017年4月に、初級レベルでは経済学の基礎を広く学び、中級レベルでは主分野・副分野を学生自らが選択して専門性を身につける一学科体制としました。英語による講義・演習を増やし、数理・統計分析教育を強化しました。また世界で活躍するビジネス人材育成を目的として、経済学を主専攻、経営学を副専攻とし、海外学修経験を必須とするGlobal Business and Economics教育プログラムを2017年4月に経営学部と共同で開設しました。

学科 経済学科

経営学部Business Administration

経営学部では、経営学の3つの領域であるマネジメント分野、アカウンティング分野、マネジメント・サイエンス分野を基礎から段階的、分野横断的に学び、それらをグローバルな視点から総括するカリキュラムとなっています。グローバルに活躍できるビジネス人材、社会の革新を主導する変革型リーダー、特定分野の高い専門性と幅広い専門知識を統合できるゼネラリストの養成を目指しています。さらに経済学部と共同で、経営学を主専攻、経済学を副専攻とし、海外学修を必修とするGlobal Business and Economics教育プログラムが開設されています。

学科 経営学科

理工学部Engineering Science

理工学部は3学科(機械・材料・海洋系学科、化学・生命系学科、数物・電子情報系学科)から構成され、学科の中に専門教育に対応した10の教育プログラム(EP)があります。
専門基礎科目と併せて、早期の教育課程で学生が理数工学系の素養を身につけ、その後専門教育を受けるカリキュラムとなっています。工学的センスを持った理学系科学者、理学的センスをもった工学研究者・技術者の育成を目指します。

学科・EP 機械・材料・海洋系学科(機械工学EP / 材料工学EP / 海洋空間のシステムデザインEP)
化学・生命系学科(化学EP / 化学応用EP / バイオEP)
数物・電子情報系学科(数理科学EP / 物理工学EP / 電子情報システムEP / 情報工学EP)

都市科学部Urban Sciences

都市科学部とはこれからの都市はどうあるべきか、という重要なテーマに、科学的に取り組む学問です。2017年4月に新設された都市科学部は、魅力ある都市の社会・文化の創出に必要な人文社会科学を学ぶ都市社会共生学科、創造的な建築や都市環境・まちづくりを学ぶ建築学科、都市の活動を支える基盤施設に関わる技術やマネジメントを学ぶ都市基盤学科、自然環境および社会環境のリスクを理解し、持続可能な都市づくりを学ぶ環境リスク共生学科の4学科から構成されています。文理にわたる幅広い視点から都市の未来へ挑戦する人々を育成します。

学科 都市社会共生学科 建築学科 都市基盤学科 環境リスク共生学科

大学院

横浜国立大学は、教育学研究科、国際社会科学府・研究院、理工学府・工学研究院、環境情報学府・研究院、都市イノベーション学府・研究院の5大学院を有し、高度で専門的な教育と学術研究を行い社会に貢献しています。

教育学研究科には2専攻あり、教育実践専攻には、教育科学・教科教育学・教科内容学を接合させ、新たな教育理念や教育方法を開発しデザインする教育デザインコースと、特別支援学校教諭専修免許状取得や臨床心理士の資格など高度な専門的能力の獲得を目的とする特別支援教育・臨床心理学コースの2コースがあります。さらに、2017年4月から教職大学院(高度教職実践専攻)を設置し、地域・学校の抱える教育課題を共有し、学校経営の中核として活躍できる教員と積極的に学校づくりに参画できる教員の養成及び育成を目指しています。

課程・専攻 修士課程 教育実践専攻(教育デザインコース / 特別支援教育・臨床心理学コース)
専門職学位課程 教職大学院(高度教職実践専攻)
教職大学院
教職大学院(高度教職実践専攻)は、神奈川県内の教育課題を踏まえ、県教育委員会と3政令指定都市教育委員会と連携・協働しつつ、理論と実践の往復により実践的問題解決能力の向上を目指した教育を行っています。修了した者には教職修士(専門職)の学位が授与されます。

国際社会科学府・
国際社会科学研究院International Social Science

国際社会科学府・研究院は、経済学・経営学・国際経済法学という3専攻を有し、社会科学の融合的教育研究を進めていくとともに、国際性のある実践的な融合的教育の充実を図り、グローバル新時代に求められる人材の育成を行っています。国際的諸問題に対応する能力を育成するために、専攻横断的プログラムや英語による教育プログラムを設けるなど、柔軟で体系的な履修体制を構築し、グローバルかつ多様な人材が日々切磋琢磨する、ユニークな教育研究環境を提供しています。

課程・専攻 博士課程(前期・後期) 経済学専攻 / 経営学専攻 / 国際経済法学専攻
専門職学位課程 法曹実務専攻(法科大学院)
法科大学院
法曹実務専攻(法科大学院)は、豊かな学術研究のベースの上に法曹養成教育を位置付けるべく社会科学系総合大学院の一専攻として、開放性を大切にしつつ誕生しました。研究者教員と実務家教員との密度の濃い連携協力により、理論的かつ実践的な教育を追求しています。(2019年度から学生募集停止)
ビジネススクール
博士課程前期、横浜ビジネススクールでは、ビジネスパーソン対象の少人数授業が平日夜間と土曜日に開かれます。経営に関する専門知識の深化と統合によって、実務上の課題の解決に活かす実践的な経営学教育プログラムを展開しています。

理工学府・工学研究院Engineering Science

理工学府は、高い倫理観とグローバルに活躍するために必要な知識と能力を培い、理学と工学の両方のセンスを兼ね備えた理工系人材を育成します。博士課程前期では、自らの専門分野における専門科目で培われる知識と能力に加え、基盤的学術に関する幅広い教育と、独創的な技術土地の創造を可能にする研究活動を通じて、道の問題に対して幅広い視野から柔軟かつ総合的な判断を下して解決しうる技術者・研究者を育成します。博士課程後期では、自ら探求し発見した課題に対し、先進的な研究活動を通して、広く社会に需要される発信能力により学術と産業の開拓を先導できる人材、すなわち、イノベーションの創出と発展を担う創造性豊かな高度専門職業人のリーダー人材を育成します。

課程・専攻 博士課程(前期・後期)機械・材料・海洋系工学専攻 / 化学・生命系理工学専攻 / 数物・電子情報系理工学専攻

環境情報学府・環境情報研究院Environment and Information Sciences

環境情報学府・研究院は、「環境」と「情報」を基軸に文理融合・異分野融合を実践する大学院です。Future Earth構想や超スマート社会、安心・安全な持続可能社会の構築に貢献する人材を育成します。学府には人工環境専攻、自然環境専攻、情報環境専攻があり、それぞれの研究分野における専門教育が行われます。その一方で、教員自らが文理融合・異分野融合する姿を披露する「環境情報リテラシー科目」、高度専門職業人として持つべき汎用な能力を育成する「環境情報ジェネリックスキル科目」が用意されており、専門性を極めながらも、幅広い見識とグローバルな視点を持ち、他分野の人とも円滑なコミュニケーションのできる人材を育成します。

課程・専攻 博士課程(前期・後期)人工環境専攻/自然環境専攻/情報環境専攻

都市イノベーション学府・
都市イノベーション研究院Urban Innovation

都市イノベーション学府・研究院は、急激に変化する都市の環境と文化を教育研究領域として2011年4月に設立されました。サステイナビリティとクリエイティヴィティをキーワードにしています。建築、都市環境、都市基盤の面からの持続可能な発展と、多文化が引き起こすコンフリクトを創造的に乗り越えて、新たな文化を生み続ける創造都市をめざして、学術研究ばかりでなく、都市の現在に向けて多用な視点を提供していきたいと考えています。

課程・専攻 博士課程前期 建築都市文化専攻/都市地域社会専攻
博士課程後期 都市イノベーション専攻
Y-GSA
Y-GSAは建築家を養成する日本で唯一の大学院です。少人数によるスタジオ制の教育方式を採用し、2018年度からは妹島和世、西沢立衛、乾久美子、藤原徹平、大西麻貴という世界的な建築家5人がスタジオを受け持ち、建築、都市、社会の未来をデザインしていきます。

連合学校教育学研究科

東京学芸大学、埼玉大学、千葉大学、横浜国立大学の教育学部及び教育学研究科を母体として構成される連合大学院で、博士課程後期3年のみの課程からなる独立研究科です。学校教育学専攻の1専攻で組織し、9講座(教育科学関係の3講座と教科の内容を研究する基礎科学と教科教育学とを含んだ教科領域関係の6講座)で構成されています、大学における教員養成の充実を通して小・中・高等学校の教育の発展を図ることを目指して、教育の理論と実践に関する諸分野について、その専門的研究者の養成、教員養成・研修の充実のための研究等を行います。

課程・専攻 博士課程後期 学校教育学専攻