• お問い合わせ
  • アクセス
  • 検索
  • Language
  1. YNU
  2. 大学案内
  3. 情報公開
  4. 教職員採用情報
  5. 国際戦略推進機構基盤教育部門日本語教育部 助教(テニュアトラック)

国際戦略推進機構基盤教育部門日本語教育部 助教(テニュアトラック)

職名 助教(テニュアトラック)
人数 1名
採用日 2023年4月1日
任期 5年間(2028年3月31日まで)
任期中にテニュアへの審査を実施する。
ただし、業績によっては採用審査とテニュア審査を同時に行ない、任期なしとする場合がある。
試用期間あり(6カ月とする)
待遇 国立大学法人横浜国立大学年俸制教職員給与規則に基づき、年俸制適用(年俸額は経験・年齢等により決定)。専門業務型裁量労働制適用。通勤手当等有(支給要件を満たす場合)。
※専門業務型裁量労働制適用により、1週間あたり38時間45分働いたものとみなされます。
分野・専門領域 日本語教育および日本文化等に関連する分野
職務・研究内容 ①外国人留学生に対する日本語および日本文化の授業を担当(年間14コマ程度)
②日本語教育プログラム・留学プログラム運営関連業務を担当
③留学生の受け入れや、留学生指導に関わる諸業務を担当
④入学試験に関する業務
⑤その他、国際戦略推進機構にかかわる業務
選考方法 第一次:書類選考
第二次:面接(模擬授業を課す場合がある。)
*第一次選考通過者のみ第二次選考を行う。なお、面接のための旅費等は応募者
の負担とする。
応募資格・要件 ①国内外の大学等において日本語教育歴を有すること(プログラム運営に携わった経験を有することが望ましい。)。
②日本語教育、留学生教育および本機構(国際教育センター)の業務運営に熱意と独創性をもって臨めること。
③日本語のほか、英語およびその他の外国語(中国語が望ましい)で授業および留学プログラム運営関連業務を行う能力を有すること。
④母語が日本語でない場合は、学内諸業務に必要な日本語力を有すること。
⑤博士の学位またはこれと同等の研究業績を有すること。
提出書類 ①履歴書および教育研究業績書 1通
(外国語能力試験(TOEFLなど)の情報がある場合は、記載すること。)
②主要な論文または著書3点以内(コピー可) 各1部
③今後の抱負について1200字程度・形式自由(これまでの経験を踏まえて「教育実践」「管理運営」「社会貢献」の3つの観点から本学の日本語教育プログラム・留学プログラムにどのような貢献が期待できるかを記述)
④最終学歴の学位記の写しまたは修了証明書 1通
⑤応募者について意見を伺える方の氏名・所属・電話番号、メールアドレス(2名、必ずご本人の了承を得ること。)               
*①は指定の様式を使用のこと。
応募締切 2022年10月21日
(必着)
送付先 〒240-8501 横浜市保土ケ谷区常盤台79-8
横浜国立大学 学務・国際戦略部グローバル推進課 国際企画係
応募方法 封筒の表に「国際戦略推進機構日本語教育部専任教員応募書類在中」と朱書きし、必ず簡易書留で郵送すること。なお、原則として応募書類は返却しません。提出書類の返送を希望する場合には、返信用封筒(切手を貼付し、返送先を明記)または宅配便着払い伝票(返送先を明記)を同封すること。
海外から応募する場合には、オンラインによる応募が可能です。オンラインで応募される場合は、応募締め切りの5日前までに、問合せ先記載のメールアドレス宛に、件名に「専任教員(日本語教育部)応募」と記載の上、氏名と電話番号を記入し、送付してください。折り返しNII File Senderによる応募書類提出方法をメールでお送りいたします。なお、電子データで提出できないもの(PDFで提出できないもの)については郵送もしくはFedEx等で提出願います。
指定様式 履歴書および教育研究業績書様式
雇用者(募集者) 国立大学法人横浜国立大学長
問合せ先 〒240-8501 横浜市保土ケ谷区常盤台79-8
横浜国立大学 学務・国際戦略部グローバル推進課 国際企画係
メールアドレス:kokusai.kikakuynu.ac.jp

・提出書類については、選考に係る審査にのみ利用し、本学の規則に基づき適切に管理します。
・提出書類は返却いたしません。
・本学では、横浜国立大学男女共同参画宣言の精神に基づき、また、人材の多様性を目指す視点から、女性および海外での教育・研究経験者の積極的な応募を歓迎します。

その他の採用情報は、以下のページに掲載しています。


ページの先頭へ