• お問い合わせ
  • アクセス
  • 検索
  • Language
  1. YNU
  2. Headlines
  3. 中国より北京大学教授が表敬訪問

中国より北京大学教授が表敬訪問

集合写真

集合写真

会談の様子

会談の様子

2019年7月11日(木)、中国の北京大学より柴彦威教授(城市与経済地理系/Department of Urban and Economic Geography, Center for Research & Planning of Smart Cities, Center of Urban Planning and Design)が本学を表敬訪問されました。本学からは、中村文彦副学長(国際・地域担当)、池口明子 教育学部学校教育課程社会科教育准教授、仁田知樹 国際戦略室長が出迎えました。

今回は、柴教授が北京大学城市与経済地理系の学部生20名を引率し、本学では池口准教授が受入れ窓口となり、地理学や都市計画に関連した学生研修を実施するために本学を訪問しました。柴教授より、研修実施の背景として、北京大学では学部1年生が終了した時点で、学部を自由に選択し移動できる制度が導入され、城市与経済地理系では国際戦略の一つとして、海外での研修を学部生にアピールしているという説明がされました。昨年から導入された同研修は、今年度、2グループに分かれ、人文系は日本、自然系はロシアへの研修となっており、日本では、地理学や都市計画における第一人者の授業を受けたり、各地を巡検したりと学部生にとって刺激となる内容であるとのことでした。

柴教授の話を受け、都市交通を専門としている中村副学長より、横浜の中心部であるみなとみらい地区や関内、日本大通り、ベイブリッジなどにおける都市計画について話が共有され、都市計画の分野において横浜が魅力的な場所であることがアピールされました。また柴教授からは、博士課程に所属している北京大学の学生が海外との共同プロジェクトで多くの論文を執筆していることが紹介され、中村副学長からも共感の声が上がりました。

今回の表敬訪問をきっかけに、共同プロジェクトや学生交流など更なる交流の発展が期待されます。

(担当:国際戦略推進機構)


ページの先頭へ