• お問い合わせ
  • アクセス
  • 検索
  • Language
  1. YNU
  2. 教育・研究
  3. YNUの研究
  4. 教員・学生の受賞
  5. 都市科学部生(環境リスク共生学科)が第91回日本建築学会関東支部研究発表会で「若手優秀研究報告賞」を受賞

都市科学部生(環境リスク共生学科)が第91回日本建築学会関東支部研究発表会で「若手優秀研究報告賞」を受賞

教員・学生の受賞一覧

受賞情報

2021年3月2日から3日にかけて開催されました、2020年度(第91回)日本建築学会関東支部研究発表会において、都市科学部環境リスク共生学科4年 中村勇貴さん、中村亮太さん、深澤栞さん(指導教員:鳴海大典教授)が若手優秀研究報告賞に、同所属・指導教員の中村勇貴さん、中村亮太さん、深澤栞さん、平山寛治さんが優秀研究報告集に選出されました。同報告賞は研究内容および発表内容により厳正に審査された優秀な上位10%、同報告集は上位20%の報告が選出されるものです。今回は首都圏の各大学大学院生・学部生を中心とした65編の対象論文の中から選定されました。特に、若手優秀研究報告賞は環境工学部門における選定5件のうち、3件が鳴海研究室からの選定となりました。なお、若手優秀研究報告賞の受賞者には賞状と副賞が贈呈される予定です。

2020年度 第91回 日本建築学会関東支部研究発表会 若手優秀研究報告賞
中村勇貴 地方自治体における都市温暖化対策に資する施策導入の現状調査
中村亮太 建築屋根面の高反射化による直接便益と間接便益に関する評価
深澤栞 日本版シュタットベルケの在り方に関する研究―中山間地域における住民意識調査から―

2020年度 第91回 日本建築学会関東支部研究発表会 優秀研究報告集
中村勇貴 地方自治体における都市温暖化対策に資する施策導入の現状調査
中村亮太 建築屋根面の高反射化による直接便益と間接便益に関する評価
平山寛治 建物屋根面の高反射化による気温低減効果の費用便益分析―エネルギー消費と人間健康の評価―
深澤栞 日本版シュタットベルケの在り方に関する研究―中山間地域における住民意識調査から―


ページの先頭へ