1. YNU
  2. 教育・研究
  3. YNUの研究
  4. 教員・学生の受賞
  5. 大学院工学府修了生が第35回「センサ・マイクロマシンと応用システム」 シンポジウム企画フォトコンテストで「最優秀賞」を受賞

大学院工学府修了生が第35回「センサ・マイクロマシンと応用システム」 シンポジウム企画フォトコンテストで「最優秀賞」を受賞

教員・学生の受賞一覧

受賞情報

賞状

エレクトロスプレースラスタの電子顕微鏡写真

 2018年 10月 30日~ 11月 1日に札幌市で開催された Future Technologies from SAPPORO 第35回「センサ・マイクロマシンと応用システム」 シンポジウム企画フォトコンテスト「アートのようなマイクロ・ナノ テクノロジ」において、大学院工学府の博士課程前期平成 28年度修了生 中川洋人さん(指導教員:鷹尾祥典 准教授)が在籍時に作製したエレクトロスプレースラスタの電子顕微鏡写真が応募総数18作品の中から最優秀賞に選出されました。スラスタ作製の途中過程で得られる構造があたかもカッパドキアの風景のように見え、センサ・マイクロマシン分野の奥深さを一目で伝える点を高く評価されました。

 なお、上記内容は京都大学ナノ・マイクロシステム工学研究室の土屋智由准教授と共同で行われたものであり、本成果の一部は日本学術振興会科研費・挑戦的萌芽研究「3D-MEMS加工技術を利用したマイクロ宇宙推進機の抜本的な推進効率の向上」(課題番号:15K14247)の支援を受けました。以下の査読付学術雑誌にその成果の一部を論⽂として報告しています。

関連リンク


ページの先頭へ

トップページへ

ページの先頭へ