• お問い合わせ
  • アクセス
  • 検索
  • Language
  1. YNU
  2. 教育・研究
  3. YNUの研究
  4. 教員・学生の受賞
  5. 大学院理工学府生が化学工学会で「優秀ポスター賞」を受賞

大学院理工学府生が化学工学会で「優秀ポスター賞」を受賞

教員・学生の受賞一覧

受賞情報

賞状と南茂さん

 2021年 9月 22日~ 24日の期間でオンライン開催となった化学工学会第 52回秋季大会にて、大学院理工学府 博士課程前期 2年南茂彩華さん(指導教員:福田淳二 教授)が「優秀ポスター賞」を受賞しました。受賞研究題目は「コラーゲンゲルビーズの自己収縮を利用した毛包原基の作製法」です。

 毛髪再生医療は、従来の脱毛症治療で課題とされていた頭部全体の毛髪本数の増加を実現できる画期的な脱毛症治療法として期待が寄せられています。実用化を考慮すると、患者一人あたり数千個の移植組織が必要となるため、効率よく移植組織を大量調製できる技術の開発が求められます。そこで、バイオプリンタを用いて移植組織の作製プロセスを自動化することで、作製した移植組織の品質向上と大量調製プロセスの効率化に取り組み、その成果を報告しました。


ページの先頭へ