• お問い合わせ
  • アクセス
  • 検索
  • Language
  1. YNU
  2. 教育・研究
  3. YNUの研究
  4. 教員・学生の受賞
  5. 大学院理工学府生が 14th ISNM で 「Best Poster Award」 を受賞

大学院理工学府生が 14th ISNM で 「Best Poster Award」 を受賞

教員・学生の受賞一覧

受賞情報

梨本さんと賞状

 2021年11月17-19日の期間、島根大学オンラインでの 14th International Symposium on Nanomedicine で大学院理工学府・物理情報理工学専攻・物理工学ユニット 博士課程前期 2年の梨本健太朗さん(指導教員:一柳優子 教授)が Best Poster Award を受賞しました。この会議は日本ナノメディスン交流協会が主催する、ナノ医療研究の先駆者が集結するレベルの高い会議です。

 梨本さんは「 Effect of DC magnetic field on third harmonic components of Cu-Zn ferrite nanoparticles」 というタイトルでナノ微粒子の生成から物性評価、そして磁気イメージング(MPI)に関する装置製作と高調波応答シグナルの測定結果について、磁気パラメータを考慮した研究の成果を発表しました。

 コロナ禍で行動が制限される中、真摯に研究を進めた成果が評価されたものです。同会議に出席した学生たちにも良い刺激となりました。


ページの先頭へ