1. YNU
  2. 教育・研究
  3. YNUの研究
  4. 教員・学生の受賞
  5. 環境情報学府生が日本建築学会大会(東北)学術講演会で「若手優秀発表賞」を受賞

環境情報学府生が日本建築学会大会(東北)学術講演会で「若手優秀発表賞」を受賞

教員・学生の受賞一覧

受賞情報

賞状

2018年9月4日から6日にかけて東北大学で開催された、日本建築学会大会(東北)学術講演会において、環境情報学府人工環境専攻博士課程前期1年の清川勇樹さん(指導教員:鳴海大典准教授)が「若手優秀発表賞」を受賞しました。
受賞となった研究課題は「地域の建物用途特性が電力供給の気温感応度に与える影響」であり、詳細な電力供給データを基に地球温暖化やヒートアイランドによる気温上昇が都市における電力消費に与える影響を明らかにしたものです。口頭発表を行い、研究内容やプレゼンテーション、質疑応答が優れているものとして表彰されました。
なお、本賞は30歳以下の若手研究者を奨励するために設けられた制度です。


ページの先頭へ