• お問い合わせ
  • アクセス
  • 検索
  • Language
  1. YNU
  2. Headlines
  3. 海外への渡航及び日本への新規入国について(第2報)

海外への渡航及び日本への新規入国について(第2報)

学生・教職員の皆様

2021年8月2日
学長 梅原 出

1.日本から海外への渡航について


世界各国でワクチン接種が進み、日本国内においても海外渡航用の新型コロナワクチン接種証明書の交付受付が開始されたところですが、国内外における依然として厳しい感染状況に鑑み、本学としては、外務省の海外安全情報に従い、海外危険情報、および感染症危険情報のレベル2以上の国・地域への不要不急の渡航は止めていただきますよう強く要請します。ただし、やむを得ない事由により渡航する必要が生じた場合には、必ず事前に以下の学内手続きを行ってください。

(1)交換留学等、大学のプログラムによる渡航について(学生)
交換留学等、大学のプログラムによる渡航については、各プログラムが定める規則・条件等に従ってください。

(2)大学の用務等による出張について(教職員)
必ず事前に出張申請を行い、旅行命令権者の命令を受けてください。

(3)私事渡航について(学生・教職員共通)
その他、やむを得ない事由により緊急に渡航する必要が生じた私的な渡航の場合は、必ず事前に、「私事渡航届 新しいウィンドウが開きます 」を提出してください。(フォームを送信するとともに、確認画面を印刷して、学生は学務担当係、教職員は総務・会計担当係に提出してください。)

留意事項・参考リンク


※渡航先の感染状況によっては、急遽ロックダウンなどの措置が取られ、移動が制限される可能性があることに十分に留意してください。
※外国籍の方の場合、日本国内の感染状況によっては、再入国できなくなる可能性もありますので、外務省などの情報を確認したうえで判断してください。
※ワクチン接種証明書は7月26日(月)から各市町村において受付を開始しています。手続き方法等については実際に接種証明書を発行する各市町村の情報をご確認いただくか、各市町村にお問合せください。

2.日本への新規入国となる場合(みなし再入国許可期限経過者含む)の取り扱いについて


現時点では、新型コロナウイルス感染症への水際対策として、全世界からの新規入国が停止されています。レジデンストラックの運用が再開され、実際に受入れが可能となった時点から、留学生及び外国人研究者の新規入国を原則認め、「誓約書(外国人レジデンストラック)」を発行します。

また、外国人留学生については、新型コロナウイルス感染症への水際対策により渡日後14日間はホテル等(大学の寮や知人宅は不可)に自己負担で自主隔離することが義務付けられていることから、新たに日本で生活を始めるうえでの経済的負担を軽減するため、対象者に宿泊支援金を給付します。詳細については以下のお知らせをご確認ください。

(担当:学務部国際教育課・国際戦略室)


ページの先頭へ