1. YNU
  2. 教育・研究
  3. YNUの研究
  4. 教員・学生の受賞

都市イノベーション研究院 勝地弘教授,山田均副学長,佐々木栄一准教授,大学院工学府学生が「第57回構造工学シンポジウム論文賞(土木部門)」を受賞

教員・学生の受賞一覧

受賞情報

賞状

本賞は,土木学会構造工学論文集に掲載され,かつ構造工学シンポジウムにおいて講演を行った論文のうち,構造工学における学術,技術の進歩発展に寄与し,独創性と将来性に富むものと認められるものに授与されます.

対象となった研究は,「乱流部分相似法の橋桁断面への適用に関する研究」であり,都市イノベーション研究院,副学長の山田均教授,勝地弘教授,佐々木栄一准教授(元本学・現東工大),青木康徳氏(元工学府学生,現オリエンタルコンサルタンツ)との共同成果です.

橋梁などの構造物への風の乱れ作用を風洞実験で再現する際に,小スケール成分を相似することが重要となることを実験的に検証したもので,風洞実験手法の合理化につながることが期待されるものであります.


ページの先頭へ

トップページへ

ページの先頭へ